log.31

インターネット死体蹴り

望みの火

運ぶまでもなく火は 僕らの胸に燻っている

火は山査子の花を照らし 消えない蝋質の焼け跡として残された

僕らの火は 瞳の奥にある

誰に希われることなく