log.31

インターネット死体蹴り

竜を

木蔦絡んだ牢獄で

暗い木目の格子ごしに考えるのは奪われし日だまりの

広場きついコントラスト白く飛んだ街

僕ら手を取り合い渉猟した

夏の残滓としての青灰色の入り江を

おまえ受肉されしおまえの苦難を和らげるきよ水を

汲め汲めどもすくえないのなら

僕は竜を呼ぶいっぽんの象牙の笛となろう

砦へと運ぶあの竜を呼ぶ笛となろう