log.31

インターネット死体蹴り

祖父の帰還

雪花石膏の茅花をながして

曼珠沙華の萼の輪郭がもろく崩れさる

眠るための居場所を求めてもうろうとした視線が泳ぐ

翡翠の花の丘を

とうろうの泳ぎつく視線の先を

村を焼きだされた犠牲者の靴

まあたらしい少女のサンダルが

溶解したプラスチック片が彼らの夜の安寧をおびやかした

南方で餓死した祖父を象る木像を

黒ずんだ柳行李から探しだそうとした

埃のきらきらした熱帯雨林

麻剌利亜患者の痛みと熱のひとくさり

蛆湧く腐肉漁りの炭化した膿

火傷しながら手酌でしゃくる土鍋のうすい雑穀粥

醤油色をした手帖と傷んだネガフィルムの

爬虫類の光沢を帯びたひかりとかげ