log.31

インターネット死体蹴り

月見酒

見事な月の晩なので

僕らは全身を無数の月光で貫かれ

ほとんど瀕死だったのだが

酒飲みの卑しさで まだ飲み足りないとコンビニで酒を買い

川辺で月見酒と洒落こむことになった

冬枯れの葦の繁る土手を

体の無数の傷穴から酒気を垂れ流してよろめき下った

上着のポケットに突っこんだ肉まんが

食べられる熱源として奇妙な満腹感を与えてくれている

川べりに腰をおろし ワンカップのプルタブを引いて

月世界の末裔たる者たちへ献杯した

 

きんきんに凍らしたウォッカの川は水量が乏しくとろりとした澱みで

遠くの鉄橋の灯りがぽつん、ぽつんと心細く宿っている

友人は外套の袖をまくると

川辺に落ちている手頃な石を拾いあげ

その平べったく凍えた塊を川へ投じた

水面へ浮かぶ満月の円かな浅黄色をうち壊してやろうとして

ふたつ みっつと凍えた魂を抛った

月は一瞬ゆらめくものの

またすぐそのなめらかな輪郭を取り戻し

ほうっとしたシルエットを水面に映しだした

僕らはことばもなく 勇気づける酒ももはや尽きて

しんみりとした夜気がマフラーの繊維をきつく噛んだ