log.31

インターネット死体蹴り

眠れる季節

アタラクシアの夜の果実

円い錠剤のかたちをして

奥歯で噛むたび苦くえぐみの出る林檎の種子を

寝入る前に一粒ずつピルカッターで砕き割って

舌で巻きとるようにしてごくりと呑みくだした

シトラスシャンプーの香る枕カバーをひたいでぐりぐり推した

胃に調和がもたらされるまでのあいだ

すると

家具の音楽が、芳醇な年代物の林檎酒がなみなみと注がれだして

耳の水位までひたひたと浸透した

重厚な北欧家具が心の奥でひしめき合い わたしの胸を圧迫し

焦点を結ばない時間が家具の洪水におしながされた

わたしは液状化した林檎の軽やかな重力にひっぱられて

溺れる間もなくこの惑星の中心へとつれさられる