log.31

インターネット死体蹴り

死の運び手

次なる苦痛の担い手たち

煤を吹く死者たちを籠に背負い運んでゆく

死は彼らの背中で醸成され

痛みの濃度は静かに高まってゆく

死者たちの発するおぞましい苦痛が揺さぶられるたび

籠の編み目から無数の焦げた煤が漏れだし

瀝青を垂らした跡が

点々と彼らの歩んだ道筋を穢した

彼らにつかの間の安息さえなく

すべての生前の縁をふりほどくまで彼らの仕事はおわらない

背後で死の昂ぶりを感じるたび

担い手たちは顔を寄せ合い諦観混じりの冗談を口にした

猥雑なジョークで死が滑稽みを帯びるほど

彼らの背骨は重みに耐えかねひしゃげられてゆく

歪んだ背骨の痛みをこらえながら

彼らは相談する

次は誰が籠を背負うべきかを

この汚穢の籠を

誰かが痛みを背負わなくてはならない

このなかの誰かが