log.31

インターネット死体蹴り

バラッド

月の宵男たちは声もなくウイスキー

武装する夜気の垂れこめる沙漠の夜はあまりに

肌寒く酒なしではとうてい遣りきれない

酒壜の封蝋をナイフの刃先でそぎ落としきつく

締まったコルク栓を歯で噛んでひっこ抜く男たちは

鼻孔をくすぐる鼈甲色の液体で砂っぽい喉をゆすぐ

空腹の肚にアルコールの火を焚き入れきつく目を閉じて

酩酊の熱を感じながら男たちは脂が白く凝結した羊肉を食べ

チーズとライ麦パンで空腹を満たし酒と食べ物の混淆が

眠気をもたらすまで老齢の旅仲間の爪弾く

素朴なギターが宵闇にひびく夜は流動性をうしない星空が

凝縮してざらつき幕営地のテントが砂風に吹かれ

細かな雨粒の鳴るような音がしたそれは夜明けまで続く