log.31

インターネット死体蹴り

赤貧

窒息する/窒息しかけているのを

僕らは身をひそめて手足をちぢめて確認する

呼気に含まれる酸素は目玉が飛びだすほど高価く、僕らは

なけなしの貯金を切りくずし

かろうじて生きるに足りるだけの呼吸を手に入れる

肺胞に幾ばくかの酸素を送り だがそれは

つぎにやってくる新たな苦痛の呼び水にすぎない

息継ぎのたびかさんでゆく借入金のため

鳴りやまぬ督促の電話のため

僕らの息の根はか細く窄まってゆく

いつの日か喉に絡みつく末期のひと息を使い果たしたのち

すべての鋭利な利息が人生を押しつぶし

土の下にたしかな安息が訪れる